2013/10/18

成長の実感が幸せを生む
成長の実感が幸せを生む

成長の実感が幸せを生む

取締役副社長 平林昭典

社員本人のやる気を応援する

私は副社長として、社員一人ひとりが成長を実感できるよう心がけていることがあります。それは社員本人がチャレンジした結果を受け入れることです。そのために日頃からあれこれと指図せず、本人のやる気を応援しています。本人が意志を持ってチャレンジしたことは、その成果がたとえ不本意なものであったとしても必ず経験になるものです。経験は感性を磨き、より高い責任感を育みます。

もちろん仕事ですから不利益も伴います。ですがそれは成長のための痛みです。目先の利益を追ってチャレンジを受け入れないようでは、なんの成果にもつながりません。手痛い経験も今後に活かせるよう応援することで、より大きな利益と満足感を分かち合えるのです。こうした取り組みによって、お客様へ質の高い娯楽を提供できると信じています。

『理念ブック』という「ものさし」

社員のやる気を応援する上で、役に立つのが『理念ブック』です。これは創業者の理念と考え方に加え、全社員の率直な意見を基にして作り上げたものです。中には企業理念や接客の心得、行動規範などが記されています。ふだん身につけるネームカードの裏に入っており、いつでも誰でも開けるようになっています。
たとえば接客の際には、効率的な態度ではよそよそしさを生んでしまうことがあります。本人は一生懸命働いているからこそ、なかなか気づけないこともあるでしょう。そんなときに『理念ブック』が、自分の判断や行動が正しいかどうかをはかる「ものさし」として活用できるのです。こうした成長は日々の接客から店舗の運営まで、あらゆる場面で見られることです。社員一人ひとりが成長を実感できる標準があるからこそ、数多くの幸せが生まれると考えています。

ホームへ先頭へ前へ戻る