2017/12/27

アルバイトからマネジャーへの道のり
アルバイトからマネジャーへの道のり

アルバイトからマネジャーへの道のり

接客の楽しさに気づいて

私のキャリアのスタートは、学生時代のアルバイトからでした。当時の志望はまったく違う分野で、イクサムに就職するとは思っていなかったんです。そんな私がアシスタントマネジャーになるまで続けられたのは、接客の楽しさに気づけたからです。たとえばあるお客様が来店されると、いつもスタッフ全員にあいさつしてくださいます。それでおしゃべりした際に訳をお聞きしたら「このお店のスタッフの笑顔が好きで、あいさつしたら元気が出てくるんだ」とお話してくださったんですよ。こういう何げないお客様とのつながりを感じるたび、より頑張っていこうと思えます。
アシスタントマネジャーは他の社員とも協力しながら、店舗に関わるすべての業務を経験できます。イベントの企画立案をしたり販促物を作ったりして、接客の付加価値を高めていけます。そこに制限はありません。「やってみたい」と思ったことを、自分の手で実現できる立場なんです。

上司のようなストアマネジャーを目指す

接客の楽しさを感じられるのは、お世話になった上司のおかげでもあります。これまで数多くのお客様やアルバイトと関わり、試行錯誤を重ねてきました。仕事上の手続きなども覚えていく中で、得意不得意やすぐにできないことも出てきました。そんなときに、悩みを受け入れてくれたり「この仕事を一緒にしたい」と思えたりする上司と働けたんです。そうして今までできなかったことを乗り越えたとき、ふっとその上司が声をかけてくれる。そこで自分の成長を実感します。

いま振り返ってみると、成長したときはいつも何かを乗り越えたときですね。「任された仕事を素直にクリアしていこう」という気持ちが、乗り越えるきっかけになったと思います。同時に上司の働きぶりから、仕事との向き合い方や働き方を教えてもらえました。今後はアシスタントマネジャーよりも上位のストアマネジャーになって、その人のようになりたいという目標を持っています。

ホームへ先頭へ前へ戻る